クリアネイルショットとjanについて

クリアネイルショットとjanについて

あなたはjanとは何かご存知ですか?医薬品一般的名称のことを略してjanと呼ぶそうですが、私たち薬を消費する側にはあまり関係がなさそうですよね。

 

ではなぜクリアネイルショットとjanなの?と思う人もいると思います。実はクリアネイルショットは医薬品ではないためにjan(医薬品コード)はありません。

 

つまり、医薬品一般的名称ではないのです。ただの製品名です。医薬品を検索する際には、janのコードで検索すると、どこの国のどういった分類でいつどこの部署に承認されたのかがわかります。

 

でもクリアネイルショットは何度もいうように、医薬品ではないために、janコードは存在しません。

 

でも一応検索してみました。「医療用医薬品janコード検索」というウェブサイトに製品名を入れると、janコートは存在しませんと表示されます。

 

ではなぜ医薬品ではないクリアネイルショットが爪水虫の治療に効果があるのでしょうか?というのが自然な流れだと思いますが、病気を治すのは何も薬だけではありません。

 

薬草や精油を使った自然療法に、ファスティングと言われる断食法、そして酵素風呂につかったりする温浴法などです。

 

だから、必ずしも何か起こった時に薬を飲む必要があるとは限らないのです。本当に病院にかならず行く必要のある時は、物理的に折れた骨を治してもらうような外科的なことです。

 

慢性病で病院に行っても、ずっと病院通いになって、一生完治しましたと言われることがないこともあります。
だから病院のロビーは高齢者の社交場と化しているのです。それでは、クリアネイルショットのどんな天然成分が爪水虫の白癬菌に効果があるのでしょうか?

 

まずは竹酢液(ちくさくえき)です。竹酢液は昔から民間療法で、ありとあらゆる抗菌、抗真菌用に自宅ケアで使われてきました。

 

もうひとつがティーツリー精油です。この精油は強力な殺菌作用がありますので、足の指、爪に潜む白癬菌をじわじわを攻め、死滅させる効果があります。
ただ、爪は皮膚と違って硬いですから、固い爪にも浸透するようなスクワランオイルやアボカドオイルがちゃんと配合されています。

 

これで、クリアネイルショットが爪に浸透して、爪水虫の要因となっている白癬菌を退治し、爪水虫や水虫を治していくということがわかりましたでしょうか?

 

でも、ポイントは継続期間だと思います。白癬菌はインフルエンザのウィルスと違ってカビの一種ですから、薬を飲んで秒殺されるものではありません。
とにかく1年ぐらいかけてクリアネイルショットを継続使用することによって、完全に白癬菌を退治します。

 

もうよくなったかな?と思っても、しばらく続けた方がいいと思います。おなじように革靴を履いて仕事をしていれば、またいつ水虫になるかわかりませんから、副作用のないクリアネイルショットならずっとでも安心ですよね。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら